自動車保険見積比較自動車保険比較見直し選び方を解説!無料自動車保険一括見積比較!   TOPへ戻る

自動車保険見積比較ガイド

■自動車保険の基礎知識■ 〜自賠責保険と任意保険〜


自動車保険オススメBEST3自動車保険の見積比較と選び方完全無料の自動車保険一括見積


ここでは、自動車保険の基礎知識をご紹介します。初めて自動車保険に加入される方はぜひご覧ください。


 自賠責保険と任意保険

自動車保険には、加入が義務付けられている強制保険の自賠責保険と、任意で入る自動車保険の任意保険とがあります。 このサイトで言う自動車保険とは主にこの任意保険のことです。
現在、自賠責保険の賠償金の最高限度額は、1事故1名につき、死亡の場合は3000万円、重度の後遺障害は4000万円、傷害で120万円と 決められていますが、この金額だけでは実際には保証金額としては全然足りません。保証金額は大体保証相手の一生涯の収入が目安と言われています。
又、自賠責保険はあくまで「対人保険」であり、保険の支払いができるのは「他人」に対する損害だけに限られます。 車やガードレールといった「モノ」に対する損害や、自分の体、自分の車に対する損害は「任意保険」で補うしかありません。 自賠責保険は、あくまで「人に対する必要最小限の保険」と言われていますが、はっきり言って必要最小限も満たしていないと思います。 任意保険には必ず入るべきでしょう。


 自動車保険の基礎知識について

さて、自動車保険と言っても対人賠償保険、対物賠償保険、人身障害保険、搭乗者障害保険、車両保険とその保障内容にはいろいろあります。

保 険説 明    
対人賠償相手、人に対する保障です。
対物賠償相手の車やガードレール等、物に対する保障です。
人身障害自分及び搭乗者の保障です。
搭乗者障害搭乗者に対する定額保障の人身障害保険のことです。
車両保険自分の車の保障です。


 人身障害保険の重要性

人身障害保障は必ず付けた方が良いでしょう。自分は大丈夫!とかエアバッグが付いているから!とか言って安心してはいけません。 例えばあなたの車に後ろからトラックが追突して来たとします。この場合、あなたの自慢の運転技術もエアバッグもほとんど意味がありません。
当然後ろからぶつかって来た車が100%悪いんですが、あなたの車が止まっていなければ、あなたにも過失責任が発生してしまいます。 あなたと家族は重傷を負い、治療費を含め5000万円の損害が発生したとします。 この場合、両者の速度や状況により事故の過失割合は、いろいろ変わりますがあなたの車両が停止していない場合は1割程度の過失は発生してしまう可能性があります。 つまり、500万円は、あなたの負担になってしまうのです。人身傷害保険を付加していれば、この500万円も支払われますが 入っていなければ当然自己負担になってしまいます。
相手の責任で事故が発生しても、自己負担が発生してしまうのが自動車事故の怖いところなんです。


 自動車保険の等級について

自動車保険は、同じ保障内容でも、その人の危険度に応じて等級をつけてランク分けされ、保険の支払い金額が変わります。 毎日仕事で車に乗る人と休日だけ車に乗る人では当然事故を起こす確率は、前者の方が大きくなります。 又、免許取立ての若葉マークの人とベテランドライバーとでもその確率は大きく異なります。
この事故を起こす確率を考慮に入れて、保険の支払い金額は厳密に計算されている訳です。
毎年保険料が安くなるのはこの為です。逆に事故を起こした人は「また起こす可能性がある」として、 保険料は場合によりますが大体20%ほど高くなってしまいます。年間5万円の人は翌年から6万円になってしまう訳ですね。 又、事故を起こさなければ徐々に下がりますが、保険を使った人は毎年以前より高い金額が請求されるので、5万円(5年分)以内の事故であれば 保険は使わない方が利口でしょう。


 車両保険は本当に必要か?

新車で車を購入した時、けっこう多くの方が付けてしまう車両保険ですが、よ〜く考えて付加していますか?
まず、事故を起こした時、保険を使ってしまうと前述のとおり保険の支払額が上がってしまいます。 初心者は、よくバンパーをこすったりしちゃいますが、その程度でわざわざ直していられないですよね(笑)
あなたの車は買った時点でもう中古車です。この時点であなたの車の価値は購入価格の半額です。 しかも車両保険に入る方は「運転に自信がないから入る方も多い」ので車はあちこち傷だらけ。 でも保険は使わないって方がけっこういらっしゃます。 まあ、安心料と言う面もありますから、車両保険が全く必要ないとは言いませんが、車両の購入価格の全額を保障するのは止めましょう。 保険金額も20万円を超えてしまいます。車両保険に入る場合は、購入価格の半分以下(時価)を目安にするのが一般的です。



自動車保険オススメBEST3自動車保険の見積比較と選び方完全無料の自動車保険一括見積

自動車保険比較BEST3

自動車保険の選び方

払いすぎていませんか?

自動車保険オススメプラン

自動車保険の節約方法

一括見積で得をする

自動車保険一括見積

インズウェブの自動車保険

イオンの自動車保険見積

保険スクエアBang!

一括見積のカービュー

自動車保険の基礎知識

自賠責保険と任意保険

自動車保険の基礎知識

人身障害保険の重要性

自動車保険の等級

車両保険は必要?

自動車保険会社の格付け

自動車保険会社格付表

自動車保険見積比較TOP




注意事項

1.当サイトは広告代理店経由で自動車保険比較会社と提携しています。
2.当サイトの記載事項の詳細は、自動車事故の状況等により異なります。
3.自動車保険の詳細については各自動車保険会社にてご確認ください。
4.必ずリンク先の規約等をお読みになり、各自の責任と判断でご利用ください。
5.間違い、適切でない表現等がございましたらご一報ください。


自動車保険オススメBEST3自動車保険見積比較と選び方払いすぎていませんか?自動車保険オススメプラン自動車保険の節約方法

一括見積って?自動車保険一括見積保険スクエアBang!インズウェブ自動車保険一括見積のカービュー価格.comの自動車保険

自賠責保険と任意保険自動車保険の基礎知識人身障害保険自動車保険の等級車両保険は必要?自動車保険会社の格付け


Copyright (C) 2005 自動車保険見積比較ガイド, All rights reserved.